総合技術

HOME > 事業内容 > 総合技術 > LoRa429MHz 無線モジュールの応用

LoRa429MHz 無線モジュールの応用

◆長距離通信が可能
※使用状況や環境により異なります。


平地 18km
マンホール地下より地上 1.5km


◆特定小電力無線(無線免許不要)
◆IEEE802.11(2.4/5GHz)やサブギガ帯より波長が長い
◆地下から無線通信可能
◆工場構内に障害物があっても通信可能

応用例
◆ビル内のデータ転送、空調コントロール
◆水田の水温、水位監視
◆ビニールハウスの温度、湿度の監視・制御
◆地下やマンホール内からのセンサーデータの転送
◆登山者の位置探知

下水道管路内異常水位警報システム

マンホール内から外部へ発信のイメージ図

中継機
・マンホール内(子機)からの情報発信(中継機)
・公衆回線経由で中央監視室へ情報発信

子機
・マンホール内の情報収集
・マンホール外へ情報発信(子機)
・水位監視・記録
・カメラ制御
・電源(電池)

システム構築イメージ

子機 :親機(中継機)へ発信
100~500m発信

中継機 :中央監視室へ発信
数km~十数km発信 あるいは公衆回線へ発信

▲ ページトップに戻る
お電話番号 045-474-1880
お問い合わせ・お見積もりはこちら (045)474-1880(代)
お問い合わせフォーム