IS製品シリーズ

HOME > 事業内容 > IS製品 > 相系ステンレスSUS329

相系ステンレスSUS329

目的

SUS329の金属材の研磨作製

課題

研磨作製仕上げで、金属の組織構造が観察できるのか?

解決方法

機械研磨後、バフと研磨材を使用した。

最終工程では、研磨材としてコロイダル懸濁液を選択し、研磨時間を長くした結果

顕微鏡の微分干渉観察で、金属の組織観察ができた。

 

<参考>

デジタルマイクロスコープの微分干渉(Differential Interference Contrast)観察では

観察面の凹凸を強調し観察ができる。

レシピの紹介

検索キーワード

低負荷・低荷重研磨、金属、2相系ステンレス、SUS329

試料研磨機「IS POLISHER」専用サイト
▲ ページトップに戻る
試料研磨機「IS POLISHER」専用サイト

お電話番号 045-474-1880
お問い合わせ・お見積もりはこちら (045)474-1880(代)
お問い合わせフォーム